これだけは気をつけて!分解した時に触れてはいけない場所

基盤は絶対に触らないこと

修理の心得がある人の場合、iPhoneの調子が悪い時に自力で修理しようとする人は少なくありません。電源が入らないなどの部分を直す場合には、それほど苦労はしないといわれていますが、できれば触れないほうがいい部分として基盤があげられています。 基盤は本体を動かすために重要なポイントといわれており、中途半端に触れてはいけない部分です。専門知識がない場合には決して触れずに修理業者に任せましょう。基盤を取り外してまた元に戻す場合、直射日光や振動、埃、湿気などに十分配慮した場所で行わなければいけないし、ねじなどの細かい部品を取り外し、再び同じ位置につけなければいけなくなるからです。はんだ付けや基盤に関する知識がある人以外は絶対に触らないようにしましょう。

フロントパネルに絶対に傷をつけないこと

フロントパネルはiPhoneを修理するに当たり一番大切な部分です。不用意に触れないようにしましょう。普段何気なく使用していますが、故障してしまった場合、iPhone自体が動かなくなってしまう恐れがあります。 自力で直す場合、フロントパネルに傷がつかないようにするためには、専門のツールを使ってください。あるいは吸盤をつかって直す方法もありますが、なれていない場合には危険です。専門のツールを使って取り外すことで、内部を確認し、修理に取り掛かれるでしょう。 なお、古い携帯電話やデジカメを持っている場合、取り外す手順や部品を撮影し、必ず元通りに戻せるようにしておくことが大切です。途中でわからなくなっても、デジカメで撮影していた部分を確認することで、元通りに戻せます。

設定画面でバッテリーの状態を確認することができます。iphone6sのバッテリー 交換の前に、新品時と比較したバッテリーの最大容量とピークパフォーマンス性能を確認してみましょう。