iPhone修理は大きく分けて二通りのやり方があります。専門の業者に任せる場合と自分でやる方法です。それぞれにメリットがありますし、知っておきたいことがいくつかあるので、この機会に頭に入れておきましょう。

自分で修理する

iPhone修理をする時に、自分で行うという人も少なくありません。ただ誰でも行えるわけではないですし、注意しておきたいことがあるのです。後悔しないためにも、いろんなことを理解した上で取り組むようにしましょう。

あると便利!自分でやるなら揃えておきたい道具

iPhoneは新品として購入した時から1年間の保証期間があります。使用者に過失が無く故障した場合は修理や交換を無償でしてくれます。なので自分で修理を始める前に、保証期間内なのかどうかを確かめてから…

これだけは気をつけて!分解した時に触れてはいけない場所

修理の心得がある人の場合、iPhoneの調子が悪い時に自力で修理しようとする人は少なくありません。電源が入らないなどの部分を直す場合には、それほど苦労はしないといわれていますが、できれば触れないほ…

油断は禁物!組み立てる前に確認しておくこと

少しも待てない!そんな時は自分でiPhone修理をしよう!

iPhoneが壊れてしまった、でも正規の工場に依頼すると少し時間がかかってしまうし、とお悩みの方は自力で修理するという選択肢もあります。自分で故障した部分のパーツと、iPhone修理に必要な工具を購入するだけなので安上がりで済みますし、何より一時でも手元からiPhoneが離れていかないという安心感もあります。 修理に必要な工具は、まずiPhone用の星形ドライバーです。iPhoneには星形の特殊なネジが使用されているため、これが無いと開ける事すら出来ません。それ以外にも精密なプラスドライバーも必要になります。その他フロントパネルを外すための専用の吸盤、細かい部品を取るためのピンセット、その外した部品を一時的に保管しておく小さなケースなどもあるとより捗ります。

直ってもまだ油断しないで!組み立て前に最終確認!

故障箇所の部品の交換も無事終了しても、最後の組み立てが終わるまで安心はできません。まず分解の段階でどのパーツをどのような順番で外したか分かるように管理し、無くさないようにする事が大切です。修理が終了した後もケーブルが断線していないか、手の汗や静電気が発生していないかなどという事にも気を払いましょう。自分での修理に失敗した人の多くがこの点に注意を払わなかったことが原因であることが少なくありません。 そして一番重要なのが、大きなネジから順番に締めて元に戻していくという事です。iPhoneは非常に精密に出来ているので、少しのネジのゆるみや締め忘れにより組み立て後にしっくりこなかったりと不具合が起こりやすいです。ですので逐一確認しながら復元作業を進めていきましょう。

iPhone修理はできるだけ地元で効率よく!

持っているiPhoneが何らかの理由で故障したら、地元のiPhone修理業者を使いましょう。地域密着の業者であれば対応がとてもスピーディーです。